子どもの足と靴のこと

赤ちゃんは、未完成の足で生まれてきます。
まだ骨になっていない軟骨の足を、ふんわりしたマシュマロのような脂肪で守っています。
骨が成長してしっかりした大人の足になるのは、12~13才。
指をまっすぐ伸ばせる靴で、子どもの足の健やかな成長を見守りましょう。




最新情報は右側のFaceBookのリンクをクリック下さい






Copyright (C) 子どもの足と靴を考える会. All Rights Reserved.

広告