子どもの足と靴を考える会

「子どもの靴を考えるためには、まず子供の足を知る必要がある」
という議論の中から、その研究を目的に1984年に発足しました。

整形外科医、靴の製造や販売に関わる各分野の専門家、大学や兵庫県立の研究所職員などの会員により、子どもの足を計測し、成長状態を調査してきました。

上履き用の靴は、幼稚園や学校で長時間履かれていながら、
機能が最も省みられてこなかった履物です。

このたび会の長年の研究成果をもとにその改良を提案し、
子どもの足の健全な発育をサポートする「歩育シューズ」が完成しました。
外履きにも広く利用していただけます。ぜひ、お試しください。

 

Copyright (C) 子どもの足と靴を考える会. All Rights Reserved.

広告